外壁補修で家を長く維持する

 

外壁補修で家を長く維持する

外壁塗装も、建物の保護やイメージを変えて爽やかに暮らす効果があるでしょう。

外壁が傷んだままにしておくと家も長持ちしませんし、断熱効果も、遮熱効果も、防水効果も、防火効果も悪くなり、気持ちのいい暮らしとは程遠くなるのです。

外壁塗装をした後、塗りむらがみられる場合があります。外壁塗装は見た目に限ったことではなく壁の保護を目的としているので、塗りむらは塗膜が薄いと言う点もなので、手直しを要求する事をおススメします。

また、外壁塗装の業者によって、エアコン(冷房だけの機能のものと冷暖房が可能なものがあります)の配管カバーまで塗ってくれる業者さんと、そうでない業者さんとがあります。

できれば、カバーを取り外して塗装をしてもらい、乾いてから取り付ける事をおススメします。

あるお宅では、エアコン(クーラーと呼ぶ人も多いですね)の配管カバーまで塗ってくれたのは有難いなのですよが、カバーを取り外そうとしたら、塗料でくっついていて、配管カバーをねりねり壊しながら撤去したと言われていますね。

江戸時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)など、昔の人は家を丁寧に直しながら暮らしていました。

木と紙で出来る為いるなんて言われた日本の家屋だからといって、家の不具合を大工さんが修理にきて直したり、改善しながら暮らしていました。

鍋や釜ほか金属製の物の修理は鋳掛(いかけ)と呼ばれる職人さんが家々を修理に回っていました。

今みたいに使い捨てにせず、直してそこそこ気持ち良く使っていました。

下駄の歯入れの専門の職人さんも巡回していました。

現代の人も家も修理したりリフォーム(住居や服などに行うことが多いですね)などをして、便利にしたり、気分を一新して気持ちよく暮らしているのです。

外壁補修
外壁補修はひび割れやクラック、塗料の剥げ落ちや色褪せが起こる前に定期的に行うと効果的です。外壁塗装をしておくだけで壁の機能を維持することが出来て建物も長持ちします。